クマの治し方が知りたい【疲れて見られる目を解消】

気になる解消のやり方とは

3つの種類があります

婦人

加齢とともに気になるのが目の下にできるクマではないでしょうか。
体調は悪くないのにクマができているだけで、どこか疲れているように見えてしまいます。
またクマができると実年齢より5歳も老けて見えるともいわれるので、何とかして治したいと切に希望している人が少なくありません。
ところでクマには3つの種類があり、それぞれの治し方ついて取り上げてみます。
まず血行不良が原因となって生じるものを青クマと呼んでいます。
目の下の静脈の流れが滞ると薄い皮膚を透過して青く見えることからそう呼ばれています。
この治し方はとにかく血行を改善させることがポイントです。
体を温めることで血行が良くなることから半身浴をしたり、体を温める働きがある食べ物や飲み物を摂取したりすると良いでしょう。
また血流を改善させる効果が期待できる炭酸パックがおすすめです。
また茶クマは古い角質が溜まることが原因で生じるといわれています。
角質が溜まりやすくなるのは、肌のこすりすぎや新陳代謝の低下によるものといわれています。
そのため茶クマの治し方としては、あまり肌をこすらないようにすることがポイントです。
また新陳代謝を高めるビタミンCを摂取すると良いでしょう。
更に老化が原因となって生じる黒クマは、肌の弾力が失われた状態です。
弾力が失われシミやしわができ、それが影となって現れるのです。
治し方としては、いかに老化を防ぐかがポイントです。
紫外線に過度に当たりすぎると、肌の老化が進むため紫外線対策が必要です。
夏だけでなく冬も紫外線を意識してスキンケアを行いましょう。
また、肌の弾力を与える効果があるコラーゲン摂取が勧められます。

有効成分で早めに解決

婦人たち

目の下の気になるクマがなかなか改善せずに悩んでいる方もいるはずです。
クマの種類にも様々ありますので、まずは原因を知ってから正しい方法で手入れをすることが大切です。
まず、加齢によって頬がたるんでしまいますと目の下に黒い影ができるタイプのものは黒クマと呼ばれています。
老けて見られてしまう原因にもなりますので、治し方としては肌にハリをもたらしてくれるコラーゲンやレチノールの含まれた化粧水を利用してケアしましょう。
また、適度にピーリングを行うことによって皮脂などの老廃物を洗い流しましょう。
次に、血行が悪くなることで目の下にできる仰クマの治し方です。
青クマは疲労やストレスの他にも、寝不足などの生活習慣が原因となって起こります。
目元をマッサージすることで血行を促進し、コラーゲンの含まれた化粧品を利用して肌にハリを与えましょう。
次に、色素沈着で起こる茶クマの治し方です。
茶クマは目を擦ることが多い方や、化粧品の刺激によって色素沈着を起こしている場合があります。
また、肌に合わない化粧品を使っている場合もターンオーバーを乱してしまう結果になりますので色素沈着の原因にもなります。
治し方としては、肌のターンオーバー効果を活性化させてくれる成分であるビタミンC誘導体が含まれた化粧品でケアをし、紫外線から肌を守るためにも日焼け止めで色素沈着対策を行いましょう。
クマには種類がありますので、適切に対応をすることで早めに改善することができます。

化粧品の特徴について

女の人

目の下にできたクマの治し方の一つに、専用化粧品によるケアが挙げられます。
目の下のクマは、血行不良などの原因によって発生します。
また、目の下に溜まった脂肪によるたるみが原因となっている場合もあります。
その他、色素沈着もクマができる原因の一つです。
クマは原因別に治し方が異なることから、それぞれに適した化粧品が開発されています。
それでは、各原因別に対応した化粧品にはどのようなものがあるのでしょうか。
効果的な使用方法と治し方についても一緒にご説明します。
血行不良によるクマには、血流を良くする成分が配合された化粧品が適しています。
また、使用時に軽くマッサージを施すとその効果を最大限まで引き出すことができます。
また、化粧品を使用する前にホットタオルを当てて目の下を温めるのも効果的です。
目の下に溜まった脂肪を解消するためには、リフトアップ効果のある化粧品が最適です。
肌を引き締める効果のある成分が複数配合されているため、相乗効果でたるみによるクマの解消に効くのです。
使用時には、たるみを伸ばすように上に向かって引き上げることが大事です。
色素沈着によるクマは、アイメイクなどを良く落としていないことによって引き起こされます。
また、肌を擦ったりすることも悪化させる原因となります。
色素沈着によるクマを作らないためにも、メイク落としを丁寧に行うことが重要になります。
既にできてしまった場合には、美白効果のある化粧品で集中的にケアを行います。
以上のようにクマの治し方はタイプ別に異なるため、自分のクマの状態を見極めた上で適切な化粧品を選んでケアを続ける必要があります。

毛穴トラブルを予防する

婦人

美しい肌を保つためには、毛穴の黒ずみのない肌にすることです。そのためには、1日の終わりの洗顔でしっかり皮脂汚れやファンデーションを残さずしっかり落とすことが大切です。洗顔時には強く洗うのではなく優しくマッサージするように洗うことが大切です。

もっと読む

新しいタイプの唇コスメ

口

リップティントは唇を染め上げるコスメです。唇の温度や水分によって鮮やかに発色するのが特徴です。リップグロスや口紅とは使い方が少し異なりますが、コツを掴めば色鮮やかなグラデーションを簡単に作ることができます。

もっと読む

どちらも人気があります

ファンデーション

メイクをする、メイクを落とすというのは表裏一体の関係ですが、そのどちらにも人気のある品のランキングができています。メイクをするのはミネラルファンデーションで、落とすのはホットクレンジングですが、使えばどちらも人気がある理由がわかります。

もっと読む